BingX、ドイツに事業拡大へ

USDCオプションを提供する世界有数のソーシャル取引所であるBingXは、ドイツへの事業拡大を発表しました。 新部門は4月に開設したリトアニアオフィス(Lithuania office)に続きます。

ドイツはブロックチェーン戦略を採用した最初の国であり、ブロックチェーン技術、Web3、メタバースアプリケーションを様々な分野で進展させる道を切り開きました。

このような進出と急速な成長は、注目されないわけがありません。 2021年時点で、ドイツ人の約2.6%が暗号資産を利用したことがある/利用しており、44%のドイツ人が暗号資産への投資に関心を持っています。

BingXは新たにドイツのユーザーをサポートするためのリソースを追加し、BingXプラットフォーム上で暗号資産の売買や取引を可能にします。 また、同国の母国語であるドイツ語をプラットフォームに追加する予定です。

「BingXはドイツでの普及を考慮し、戦略的にドイツ市場に進出し、当社のソーシャル取引プラットフォームを通じて、ユーザーが暗号資産取引を容易に行えるようサポートすることを決定しました。 今後も他の欧州市場に順次進出していく予定です。」 BingX社 PR&コミュニケーションディレクターElvisco Carrington氏

BingXは多様な市場とグローバルなユーザーコミュニティにまたがっており、安全でコンプライアンスに準拠した暗号資産システムに対する高いニーズがあります。 BingXはより広範なグローバル市場を基盤としており、安全かつ安定したプラットフォームのおかげで、世界中の投資家から信頼されています。

現在、ヨーロッパに2つ目のオフィスを構えるBingXは、世界中の投資家にサービスを提供するため、オープンで包括的な、純資産価値の高い暗号資産投資市場を開発・構築することに取り組んでいます。

BingXについて

BingXは2018年に設立し、世界有数のソーシャル取引プラットフォームに成長しました。  暗号資産業界全体を豊かにするために作られた直感的なソーシャル取引機能を備えた、安全で信頼性の高い、ユーザー中心のオープンなエコシステムを提供するグローバルな暗号資産、現物、デリバティブの取引プラットフォームでもあります。 また、BingXは常に新しいプロジェクトや価格チャートなどを更新しています。 BingXが事業を展開している国や地域では、現地各規制機構が承認/規制している金融サービスライセンスを登録または取得しています。