BingXがクラウドファンディングを通しブルーチップNFT投資を刷新

NFT市場は今まさに大流行となっています。 有名人のツイートやコラボレーションからエイプや岩石まで、こうしたデジタル資産が何百万ドルで取引されています。 しかし、一般投資家が優良NFTに参入するために必要な資本は高額すぎるものとなります。

 

世界でも最先端のソーシャルトレーディングプラットフォームであるBingXは、この度初のNFTクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げました。 このプロジェクトは、コミュニティの力により当社ユーザーの皆様に優良NFTの一部を所有する機会を提供するものです。

 

2022年4月29日、CEXプラットフォームでのこの革新的製品のリリースにより、当社ユーザーによっての参入の敷居が低くなると同時に、NFT市場全体により優れた流動性をもたらすことができます。 このプロジェクトは14日間ユーザーに提供され、USDT/ETHペアでの決済となります。

 

BingXによる提供内容に関する最新情報は以下の通りです:

 

  1. なぜクラウドファンディングなのか?

高品質であったり、有名であったりするNFTはしばしば非常に高額となり、一般投資家が単独で投資するのが難しい状況であるのはだれもが知るところです。 BingXはクラウドファンディングを通しユーザーにとっての敷居を低くし、NFTを複数の断片に分割しユーザーからの資金を募ることでNFTを共同購入します。 購入に至ったのち、参加者数の数に応じ、資産保有やエアドロップ特典などNFTからのメリットを共同で享受できるようになります。

 

  1. 申し込み方法は?

NFTクラウドファンディングプロジェクトは、2022年4月29日から14日間にわたり開催します。 この間、ユーザーはその分割されたNFTに応募できます。 クラウドファンディングが成功した場合(つまり、目標とするNFTの購入に至った場合)、サブスクリプションの数に応じ資産保有やエアドロップ特典などNFTからのメリットを共同で享受できるようになります。または、購入した断片を売却することも可能です。 クラウドファンディングの終了時、実際の購入額は調達された資金よりも低くなる場合があり、この場合未使用の資金は自動的に口座に返金されます。

 

  1. 資金のロック解除方法は?

このプロジェクトに参加すると、投資した資金は一時的にロックされます。 クラウドファンディングが成功すると、資金の未使用部分が自動的に返金されます。 クラウドファンディングに失敗した場合も、資金は自動的に返金されます。

 

  1. クラウドファンディングが成功した場合、NFTをどのように販売できるか?

NFTの購入が成功すると、すべての断片化されたNFTの保有者により、販売するかどうかを決定する投票を行えます。 保有量が多いほど、投票権も大きくなります。売却同意の投票数が51%を超えるとNFTは売却され、資金は断片の保有割合に応じて分配されます。

 

  1. 応募したNFTの断片を販売する方法は?

参加したNFTクラウドファンディングが成功すると、購入断片数を受け取ることになります。 BingXが、ユーザーが自由に注文・売買取引を行える専用の断片化NFT向け取引プラットフォームを提供します。

 

BingXによる初のNFTクラウドファンディングプロジェクトに参加しよう! 参加はこちらから。