BingX 弱気相場でトレーダーを応援する契約グリッド取引導入

BingXは3月の現物グリッドコピー取引に続き、契約グリッド取引をリリースします。 

契約グリッド取引はその名の通り、グリッド取引と契約取引を組み合わせたもので、ユーザーにグリッド収益をもたらすことができます。 グリッド取引は事前に設定した価格帯を中心に、あらかじめ設定した時間帯ごとに暗号資産の売買を自動化し、取引グリッドを構築する定量的な取引戦略です。 取引グリッドは価格変動時に安値買いと高値売りの注文を出すことで、売値が買値を上回るたびに収益を確保し、市場を予測する必要がないため、投資家が収益を簡単に上げることを可能にします。 その上、契約グリッド取引では、トレーダーはレバレッジを使って収益を最大化することができます。

他のプラットフォームと比較して、BingXは最低投資金額を低く設定することで、ユーザーに柔軟性を提供しています。 トレーダーは20 USDで契約グリッド取引を試し、自動的に裁定される様子を確認可能。 また、ポジションの損失を最小限に抑えるために、損切りポイントを事前に設定可能。  

この新機能はBingXアプリとデスクトップの両方で利用可能になり、すべての登録ユーザーが利用できます。トレーダーに代わって戦略的、情報化され、合理的な取引判断を行うことにより、一日中市場を監視する時間を短縮することができます。 BingXはトレーダーがインテリジェントなツールで収益を上げることを応援するため、初回契約グリッド取引におけるトレーダーの損失をすべて補填するキャンペーンを実施する予定です。

BingXは常にセキュリティを最優先に考えています。 2022年第2四半期に入ってから、暗号市場全体は弱気な傾向で推移しています。 スリーアローズキャピタルの破産申請は、多くの暗号資産投資家を苦しめる下落スパイラルとなりました。 このような激動の中、BingXはユーザーの資産を守ることを使命とし、いかなる場合においてもユーザーの資金をベンチャー投資でリスクにさらすようなことはしません。 

BingXについて

BingXは2018年に設立し、100以上の国や地域で300万人以上のトレーダーにサービスを提供する世界初で最大級の暗号資産ソーシャル取引プラットフォームです。 暗号資産、現物、デリバティブの取引プラットフォームとして、直感的なソーシャル取引機能を備えた、ユーザー中心のオープンなエコシステムを提供しています。 初めて取引する人はコピー取引をして、BingXの3,000人以上のプロトレーダーから取引知識を学ぶことができます。 BingXはヨーロッパ、米国、カナダ、オーストラリアの4つの規制当局のライセンスを取得しました。 BingXはユーザーが暗号資産を取引するための、安全で信頼できる、そしてユーザーにとって使いやすいプラットフォームです。